【おしるし】出産・陣痛との関係>いつ来るの?

おしるしはいつ来るの?

おしるしは出産を知らせてくれる「おりもの」です。

おしるしは陣痛が始まる1・2日前にくるというのが
一般的ですが、人によっては10日以上
陣痛が来ないケースもあり、
出産準備の目安程度に捉えておいた方がいいでしょう。
sponsored link



おしるしはなぜ起こる?

胎児は卵膜に包まれて胎内で成長しています。
出産が近づくと子宮口(子宮頸管)が徐々に開き始めます。

この際に子宮壁と卵膜にずれが出る為に微量の出血があります。
この出血と粘液が体外に出る現象を「おしるし」と呼んでいます。

おしるしってどんなもの?

おしるしは、子宮口をふさいでいた粘液と出血が混ざり合ったおりもので、
色は赤・ピンク・褐色・乳白色といったように個人差が見られます。

量は下着に少し付着する程度であったり、
生理の時のようにかなり出血がある場合もあります。

びっくりされて、病院に駆け込む妊婦さんもおられるようですが、
あまり心配することはありません。

病院に行くタイミングは?

おしるしがあってもすぐに病院に連絡したり、受診する必要はありません。
様子を見つつ、もし何らかの異常があればかかりつけの病院に行きましょう。

◆病院に行った方がいい場合
ゴボゴボとした血の塊(もしくは出血)が大量に出たり、
出血を何度も繰り返している場合は病院をすぐに受診しましょう。

おしるしがくる方は半数以下

おしるしはすべての妊婦さんに見られる現象ではありません。
おしるしが来ないからと不安にならないようにしてくださいね。
sponsored link

Copyright(C) 2011 【おしるし】出産・陣痛との関係 Allrights reserved.