【おしるし】出産・陣痛との関係>おしるしの色と量

おしるしはサイン

おしるしはお産が近づくと見られる、
血が少し混ざったおりものの事です。

妊婦さんにとっては大事な赤ちゃんに
もうすぐ会えるサインになりますが、
おしるしにちゃんと気がつくことができるのでしょうか?
sponsored link



おしるしの色と量

おしるしは血が混ざった粘液ですが、色や量は人それぞれ。
本に書いてある通りのおしるしが出るかどうかは分かりません。

◆おしるしの色
「まっ赤でまるで鮮血のようなおしるし」
「茶色がかったおしるし」
「ピンク色」
「乳白色」

◆おしるしの量
「ひどい生理の時のような大量のおしるし」
「下着に少しつく程度のおしるし」

おしるしは個人差があり、想像していたより大量に出る方もいれば、
少量のおしるしが数日間に渡って出る方もいます。
また、まったく気づかない場合もあります。

おしるしはなくてもOK

一般的には、おしるしは赤色かピンクをしていて、
トイレットペーパーに少し付く程度だとされています。

しかし、前述のとおりに個人差がある症状ですから、
別におしるしが見られなかったとしても問題はありません。

尿・おりもの・破水との違い

おりものであれば下着についても色は透明のままです。
尿であれば、下着につくと黄色になります。
そして破水であれば、下着がびちゃびちゃになるほどの量が出ます。

おしるしが出てすぐにお産が始まる方とそうでない方がいます。
心の準備をしっかり、そしてゆったりとして出産に備えましょう。
sponsored link

Copyright(C) 2011 【おしるし】出産・陣痛との関係 Allrights reserved.